春がきましたね(*≧m≦*)

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ~*。♡

春が来たー 嬉~ヾ(*´∀`*)ノ

ブッククラブ回さんというスピリチュアル本の専門店が青山にありますー

社会貢献のため採算度外視で頑張っている本屋さんです。

ラブランドにニュースレターが置いてあります

レインボウクオーツ

先日何冊か送ってもらいました

その中の1冊はスーザンフォワードの「毒になる親」です

癒し系のお店をしていて親の与える影響はとても大きいなあ、と感じております。

そんな親に育てられてしまった人が自分の中に生きづらさをとても感じていたとしても

たいていのアドバイスは親を許しましょう

と書いてあります。

ところがこの本は

第9章「毒になる親」を許す必要はない

とかいてあります

カウンセラーである著者は
許すことは癒しの第一歩と言われているが許したと思っている人たちが少しも癒されていない
ことにきがつきました
許すことで、辛かった感情が閉じ込められてしまうからなのだそうです

それを解放するのは自分のうちに抱える激しい怒りと深い悲しみという二つの感情と正直に取り組み
苦しみの原因となった事の責任を本来背負わなければならない親に返すことができて可能になるそうです
なっとくしないまま許すとその感情はどうしたらいいでしょう?
行き場がないです。

許さなくていいんだと思うだけで楽になりませんか?

そして辛さを表現して初めて本当の許しがやってくるのかもしれませんね。(*´∀`*)

Exif_JPEG_PICTURE

ガネーシュヒマール39800円

興味があったら( ^ω^)_凵 どうぞ

毒になる親 スーザンフォワード講談社アルファー文庫
bookclub回
明日3月5日(日)のラブランドスタッフは、、
11:00~17:00 ほのかさん
14:00~20:00 オーナー
となっております。
皆さまのご来店心よりお待ちしております。

本日もブログをお読みいただきありがとうございました!

☆ ラブランドホームページ

☆ ラブランドInstagram

☆ パワーカード購入